Jugend Musiziert

Jugend Musiziert(ユーゲント ムジツィエルト)
直訳すると 青少年が音楽を奏する、、、?ってことか?

Jugend Musiziertとは ドイツ全国 青少年を対象とした 音楽コンクールです。
”音楽コンクール”というものがあまりないドイツですが
このコンクールは かれこれ 今年で46年目、 毎年行われてきています。
たくさんの ドイツの音楽家たちが、このコンクールから始めていったんじゃないかな?

毎年 今年はどの楽器、または 室内楽(編成も指定されていたり)など
審査対象の楽器が変わり、参加者は年令別で カテゴリーに分かれています。
8~22才まで 8つのカテゴリーがあるようです。

コンクールの進行は
地方予選→県大会→全国大会
の順で進みます。

今日は この地方予選が行われたのですが、
祝、初 わたしの生徒、コンクール参加だったのです。
わたしの生徒、といっても わたしは 1月から”お助けマン”的にレッスンをし、
生徒たちの土台を作るという、いちばん大変なお仕事をしたのは
わたしのシェフです。

地方予選、
採点方法は 25点満点。

23~25点  1位 +県大会出場権

21~22点  1位   でも県大会には出場できません。

17~20点  2位 

13~16点  3位

のとおりです。
ということは、 1位が何人かいたりする、ってこともありますよ、ってこと。
なお、9才以下のチビッ子たちには 地方予選しかありません。

ピアノ4手部門(連弾、1台のピアノを2人で弾くやつ、ね)に 6組の生徒たちが参加しました。



いちばん 小さい子たちは 7,8才のデュオが 2組。

わたくし 初先生、なにが ドキドキするって、
舞台にちゃんと行って 事故なく 弾くまでに至るか、とか
楽譜、あわてないで 落としたりしないで、 ちゃんとページ広げられるかしら?とか。

はいはい、 ちゃんとできてました042.gif


次に 15,16才のデュオ 1組。
もう 大きい子たちなので、小さい子たちのときのようなドキドキはありませんが、
あ~ おねがい、 速くなるなー!!とか、手に汗を握ったり。
子供たちの顔が 緊張で赤くなったりしてるのを見て、
あとちょっとだ、がんばってー、とか思いました。


そして、 17,18才の1組。
1曲目、うまくいった038.gif
そのまま油断しないでね!!
おねがい 速くならないでね!!
と、念を送ってしまいます。。。

そして 19才の2組。
1組目は、やっぱり、 
031.gifあ~せ~る~な~!!
うわっ はやっ! ブレーキ、 ブレーキ、今!
まだ はやっ、 
あ~ もう速くてもいいから 止まらないでね、絶対!
ふぅ~ 弾ききった~042.gif

最後の1組、
大きい男の子2人で、
おっきいと 立派な音が出るなー
と 感心していたけれど、
レッスンで ずっと問題だった曲がくると
絶対 止まらないで 弾きとおしてー
ちゃんと 数えて、音聴いて
焦らないで
ふぅ~ 曲とおった~038.gif

いやぁ  みんな がんばったね!!
最後の2週間、 ほんとに 上手になりました。
もうちょっと前から がんばってくれたら、、、

とも 祥子先生はちらと思ったりもしますが
ここは ドイツ式で、 
最後の底力がスバラシカッタ035.gif
だから、 よかった! よくやった!!

ってことで。

で、 結果
7,8才のちびちゃんたち2組は 何点だったか、見られなかったのですが
それより上の こどもたち。

2組 1位+県大会出場
1組 1位
1組 2位


みんな よかったね!!
おめでとう!!
これは 次へのスタートと思って また 前へ進みましょう061.gif

そして、 いつもわたしが 生徒たちに思うこと。
多分(ぜったい。。。) たくさん間違えてるわたしのドイツ語、
でも ちゃんと聞いてくれて ありがとね053.gif
Ich bedanke mich bei Euch, dass ihr mir gut zuhoert trotz sehr sehr vielen fehler auf meinem Deutsch!!



c0198438_7223085.jpg


みんな集合じゃなくて ちょっと残念ですが、
ここまでに生徒の基礎を作ってくださった Ruehle先生と。
[PR]
by sachikoushi | 2009-02-08 07:37 | 音楽