30過ぎると・・・

30過ぎると、ってとっくに過ぎちゃったんですけど。。。011.gif

ここドイツは、今紅葉のまっさかり。
朝晩はどんどん寒くなり、先週末はマイナスだったようですよー。
そういえば、朝早く出かけなければいけなかった日、葉っぱが霜で真っ白だった。
でも赤や黄色の葉っぱに 夕陽が映える時間は本当に美しい。
30過ぎると そんな季節の移り変わりの美しさにも目を向けられるようになるんですね。

なぁんてことより、

30過ぎるといらいらする060.gif

って、ちょっと前 お笑いであったでしょ。

それですよ、今回言いたいことは。

あのネタをここドイツでも Youtubeで爆笑して見てたのですが、
その爆笑の中に ”共感から来る笑い”が多く含まれていることに気付きました・・・・
そして、さらに告白してしまうと
イラッと来たときに ひとこともの申せるようになってしまった。。。。
と、最近気づいてしまいました。


少し(?)前のわたしだったら ”あ、 そうなんですか、、、”と言いながら
腑に落ちない気持ちを、なんとか自分でなだめていたのに。


ここドイツではお店や、駅、役所など、イライラポイントがあちこちにあるわけですが、
お天気が悪かったり、冬だったりすると、機嫌が悪い人が多くなってるような気がする。
っていうか、天気が悪いぐらいでいちいちサービスを低下させないで。って心の中で思ってます。

”お客様は神様”精神の日本から見ると
”はぁ???”っていうこと、たくさんあるんです、ここで。

例えば スーパーとかで買い物してるときに
たくさんの品物が乗った台車を押してきた店員が、わたしたち買い物客に言う言葉は
”Vorsicht!”=注意して!
けっして ”すみません”とかじゃない。

ところで、
今回のわたしの”もの申す!”は 楽譜屋さんでの出来事です。
楽譜を買うときは ほぼいつもそこの楽譜屋さんで買ってるのですが、
何人か店員さんがいるなか、一人 おにいさんがほぼいつも態度が悪い。
他の人は ていねいに対応してくれるのですが。

雨だったし、デモなんかもあったりしたから人出も多かった日、
やっと楽譜屋さんに着いて、
対応についた人が その態度の悪い人だった。
あ~ ヤダ~
でも なめられてなるものかと、結構上級のドイツ語で
”ちょっとお尋ねしてよろしいですか?**の楽譜がほしいのですけれど、探していただけますか?”
と訊いたら、なんと彼は英語で返してきた!

ここで イライラ 1ポイント031.gif
それなりにしゃべれるぞって見せるために、丁重に質問してるのになんなのよ。

めげずにドイツ語で続けるわたし。
”**の楽譜なんですけど”
在庫を探し始める店員。
でも 在庫がなかったので、カタログを見てくれたのだけれど、
彼が見ているカタログの出版社からその楽譜は出てなかった。
そしてきっぱりと言われました
”ありません。” と。

キタ! イライラ 2ポイント031.gif

”でも、結構有名なレパートリーだし、楽譜が出てないってわけはないと思うんですけど。
他の出版社から出てないか 見ていただけませんか?”
と言ってみる。
っていうか、ふつうわたしがそんなこと言わなくても、店員だったらそうするでしょ。
そしたら、
”どこの出版社から出てるかわからなかったら、どのカタログ見たらいいかわからないし。”

入りました、イライラ 3ポイント031.gif
お店には PCだってあるんですよー
わからなかったらインターネットで調べるとか すぐにできるのに。
在庫がないとなると、注文になるから、ここで何とか店員に探させて注文したところで
けっこう時間がかかるので、
この時点で ここで買わず、インターネットで購入することは決定。
前のわたしだったら ”そうですか”
で終わってたけれど、
今回はちがった。
だって この店員 毎回こんななんだもん。
わたし、日本人。
何か言いたくても言わないで、まるく治めるってことも、ちゃんとできるわ。
でも、でも、
今回はがつんと言ってやりたい047.gif

”じゃあ、わたし、インターネットでどの出版社か探して、
インターネットで注文して、
インターネットでその楽譜買いますから。”

あ~ すっきりした043.gif

あくまでも あなたからは買わないからってことをすごく強調したんだけど、
わかってくれたかなー。

でもわたし、ほんとはそんなに文句言ったりするひとじゃないの、
オイオイ、それはないんじゃないの?ってときだけですわよ012.gif
[PR]