クリスマス プレゼント

クリスマスの4週間前から、Adventといってクリスマスまであと何日、みたいな感じになります。
Adventカレンダーとかは、24日まで一日1つずつ開けていいカレンダー。
子ども用のは毎日1つずつお菓子が入ってたり011.gif

先週日曜がAdventの始まりでしたが、
その前日からとうとう降り始めました、雪035.gif
先週じゅう降ってつもって、真っ白氷点下。
去年も寒かったけれど、今年は初めて思いました、
耳まで隠れる帽子がないと、寒さで頭が痛くなる、と。

c0198438_542039.jpg


雪が降り始めた先週末、近郊の街ウルムで
ウィンドオーケストラのお仕事でした。
かれこれ4,5年お世話になっているこのSinfonisches Blasorchester Ulm、指揮をされているのは、日本では東京佼成ウィンドオーケストラなどを振られていたダグラス・ボストックさんです。

日本大好きなマエストロのおかげで、
このオーケストラで、ウルムでたくさん日本のウィンドオーケストラの曲が演奏されているんですよ。
"Revelations" ~啓示~と名付けられた今回の演奏会も とても興味深いプログラムでした。

櫛田てつのすけ ; 斑鳩
Alfred Reed; 3 Revelations from the Lotus Sutra
松下功; 飛天の祈り
Philip Sparke; Out of the darkness, into the light
真島俊夫; 鳳凰が舞う

わたしはもともと松下、真島作品のピアノ、チェレスタということだったのですが
演奏会の数日前からボストックさんから、
”チェレスタも加えてみました、よろしく” と楽譜が送られてきて、
Reed以外は全部チェレスタ、ピアノでした。
いつも乗ってないとき、待ち時間一人でさみしいので、よかった。

c0198438_6115630.jpg

漢字も書いて下さって ありがとう!

アンコールは
故郷(真島俊夫 編曲)
にっぽん ヘイ!!(伊藤康英)
Sleigh Ride(Leroy Anderson)

ところで このオーケストラはアマテュアながら素晴らしい音、
みんな普段ふつうに働いたりしてるけれど、 
演奏会までにボストックのもとで何回かの合わせでちゃんと持っていけるってすごいと思ってます。
今回だって 結構難しい曲だったと思うし。
飛天の祈りとか、ずっと太鼓で繰り返されるリズムが、わたしたち日本人にはお経のリズム。
でもウルム近辺で育ってきた、多分日本のお寺に行ったりお経を聞いたことのないみなさんにとって
どんな感じなんだろう。
とにかく数えるのが大変だったとみんなは言ってたけれど。

アンコールの”故郷”、ボストックさんがチェレスタも書き足して下さったため、
わたしも故郷を思って一緒に演奏できました001.gif
”にっぽん ヘイ!!”は東京佼成のヨーロッパツアーで何度も弾いたし大好き。
”Sleigh Ride" では、鈴デビュー060.gif
鈴隊4人で楽しかったです072.gif

ここドイツで、ドイツ語で合わせをして、おしゃべりして、ドイツのビールを飲んで、
がっつりドイツの食べ物も食べて、ドイツ人の家に泊めてもらって、
完全にドイツの週末だったのに、
こんなに日本の曲。

もうすぐ冬休み帰国するけれど、
とってもうれしかったです。
クリスマスプレゼントのようでした、ありがとう035.gif
[PR]