Jugend Musiziert

日本で年末年始のお休みを過ごしてから
ドイツに戻ってきて、もう1カ月近く。

c0198438_5225818.jpg

飛行機からパリ上空の様子。
東京も上から見たらこんななのかなー。

もう、次のまとまったお休みが恋しい。

ですが、
今週末から始まっている Jugend Musiziert,開催会場がわたしも教えている音楽学校のため
普段のレッスンの他、ちょっとお手伝いしないといけないこともあったり、
わたし自身の演奏会もあったりで、た、い、へ、ん060.gif
今週の山を越えて
次の3月初めの休暇(謝肉祭の休暇)まで いっきに行こう035.gif

Jugend Musiziertは、ドイツの子どものための音楽コンクールなのですが、
詳細はこちら。

各年開催される楽器部門が異なります。
今年開催される部門は、
金管アンサンブル、 木管アンサンブル、 声楽、 ピアノソロ、
ドラム(ポップ)、弦楽アンサンブル 部門です。

前回のコンクールで、わたしが生徒たちをレッスンしたのはピアノデュオ部門。
曲を選んだり、始めのレッスンをその生徒たちにして下さったのは、
当時の日記にも書いたRuehle先生。
わたしはコンクール前 2,3か月から仕上げのレッスンをさせてもらっていました。

今回、ピアノソロ部門では カテゴリー 11-12歳に
9月から教えている生徒たちの中の1人が出場します。
選曲から、申し込みから、レッスンから、
初めてそのすべてを わたしが見なければならなかった生徒ですが、
教える側の責任を感じました。
結構ぎりぎりに出場を決めた彼女は、プログラム中いちばん新しい曲が弾けるようになったのが
1月あたま。
でも、先週の試演会では6分以上のプログラム、すべて暗譜で弾ききり ほっ042.gif
冬休み中と、1月になってからのがんばりが上達になっている彼女、
本当に素直ないい子なのですが、
ちょっと あわてんぼうでおっちょこちょい。
かわいいですね001.gif
でも ピアノを弾くときは、落ち着いて始めないと、
演奏も おっちょこちょいな感じに。。。 わたしも時々ひとのこと言えないけど。。。
それで、
この子には とにかく落ち着いてから弾き始めることをずっとずっとやらせてきたのだけれど、
いつも意識すれば 変わるものですね005.gif
レッスンのときも、試演会のときも だいぶ落ち着いてきました。

ピアノ部門は来週が本番。
最後まで がんばってほしいものです。
わたしも最後まで あきらめないでレッスンします027.gif

ところで、先週の試演会で 金管アンサンブル部門に出場する
10-11歳の男の子たち、トランペット3人の演奏を聴いたのですが、
何なの?お腹からしゃべるドイツ語のせいで肺活量とかがいいのでしょうか?
まるい いい音でびっくりしました。
[PR]