Jugend Musiziert

この1週間はFaschingferienといって謝肉祭、カーニヴァルの休暇でしたー001.gif
休暇といっても練習しなくちゃいけなかったり、
片付けないといけないことはたくさんですが、
やっぱりお休みはうれしいです!
休暇の前は疲れがたまってるのか、お休みが始まって始めの3日間ぐらいは
ゆーっくり寝てだらだらでした。
だいたい休暇が始まると気の緩みから、風邪をひくことが多いわたしですが、
今回は健康なままでよかった!

この休暇に入る前は 毎年恒例のJugend Musiziert。
ドイツの子供のためのコンクールの地区大会です。
採点方法、システムについてはこちらから。

c0198438_5364328.jpg

わたしのレッスン室060.gif

わたしのクラスからは2人、10歳の女の子たちが出場しました。
一人は去年ピアノソロ部門でがんばった子がサックスの伴奏部門で、
もう一人はヴァイオリンとのデュオ部門で初出場。

結果からいうと、
サックスの伴奏をした彼女は 1位 23点。
サックスを演奏したのは彼女のお家のお隣に住んでる同級生の女の子。
ヴァイオリンとのデュオの彼女は 2位 20点。
どちらも県大会出場には至りませんでしたが、
最後はよくがんばったと思います。

採点については いつも思うのですが、
本当に思った通りだなーと。

ピアノは旋律楽器から比べると音が多いし、
県大会までめざすなら本当にちゃんとした準備が必要だなといつも思わされます。
あと、音楽学校の規定の限られたレッスン時間の中で、仕上げて行くっていうのも
難しいなと思わされます。

だから、夏休み前にもう曲を決めてわたしてたんだけど。。。。。
12月、1月にはすべてのプログラムが出来上がってるという予定だったんだけれど。。。
12月、1月の彼女たちのレッスン、わたしはこわい先生だったと思います031.gif

そのわたしの”こわさ”が通じて(?)、二人とも最後のラストスパートはがんばりました。
3カ月ぐらい前にそうしてほしかったけど。

でも、彼女たち学校の勉強もかなり厳しくやりながら、
ピアノもやって、二人ともコンクール受けるまでは本当に普通の女の子たちだったのが
彼女たちなりに一生懸命にやって、何らかの結果になり、
そうやってがんばった結果を彼女たちが誇りに思えたら、
わたしはうれしいです。

ふと思ったのですが、わたしは日本で音大に行くまで
なにか他の楽器の伴奏をしたり、室内楽をしたりする機会はありませんでした。
でも、こんな小さいうちから他の楽器と演奏したりする機会があるって、
友達と演奏したりできるっていいなと思って、
今回のJugend Musiziertを見ていました。
[PR]