<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タイトルとは関係ありませんが、 
先週のラジオの様子は こちらからお聞きになれます040.gif
街のことなどの記事はこちらからご覧になれます035.gif
わたしはまだ、最初のちょーっとだけしか聴いてません、なんか照れくさくて012.gif
話を素敵な声で、上手に導き出して下さった松本英子さん、、事前にやりとりをして下さった 萩野絵美さん、
どうもありがとうございました!


ところで、タイトルの内容に戻ります。

ピアノが上手になるために必要なのは、才能や環境もあるでしょうが、
努力に耐えうる忍耐。
ピアノだけじゃなくって ほかの楽器などにもいえるでしょうが。
前の日がんばって練習したからって、次の日いきなり上手くなるわけじゃない。
大事なのは 毎日毎日の積み重ね。
難しくて めんどうくさいところにも、自分の欠点にも立ち向かって克服していく 忍耐強さ。

ピアノを教えていて思うけれど、
教える方もかなり 忍耐が必要とされます。
”ちょっと~ もう~ だから 何度言わせるのよ~?027.gif
と言いたくなることも度々(?)ありますが、
そこはぐっとこらえて、
その代わり、何度でも何度でも言います。

と、 職業柄から忍耐を学んでいったのだろうとは思いますが
ここヨーロッパでの生活からも かーなーり、忍耐を学んでいったと思いますよ。

先週の忍耐。


ドイツ鉄道ストライキ。
その日、音楽学校に教えに行くのに、
レッスン始める前に練習しようと思ってちょっと早めに駅に着いたらこれ。
c0198438_7543249.jpg


見えにくいけれど、”ストライキのために電車遅れます、または運行していません”
の注意書き。
見事に この時間帯ぜーんぶ038.gif

でも、パニックになんてなりません。
"Schei**!!"なんて言いません。
”次の電車はいつかなー?”
と、余裕の忍耐?

で、電光掲示板の写真を撮ってたら、Stutt音大時代の友人に再会。
彼もピアノを教えに行く途中でした。
同じ方向の電車に乗るはずのわたしたち。
彼はのんびりポルトガル人、ストライキに関してもやはり余裕でした。
”彼女がフランス人なんだけど、フランスはもっとストライキがあるんだよ、あはは”と。
インフォメーションセンターで次の電車はいつか聞き、
”30分後 何番線”
と言われたところに行ったけれど、なんか電車来ない感じがする~
Stutt駅から乗り込むはずの車掌さん(女性)も、そこに待機してたから、
”この電車、出るのかな~?”
と聞いてみると、
”わたしも わからないのよー” と。。。

インフォセンターで言われた次の電車も来ず、
また30分後の電車が出ると。

もう、2本電車が発車せず、1時間経過059.gif

むかしだったらここで イラ~っ031.gifと来てたんでしょうが
”もうストライキはどうにもならないから” みたいな忍耐強い(?)思考ができあがってるから
イラともしません。
友人と顔を見合わせ、
”Cafe?063.gif"
こういうときは イライラしたり、不安になっても、ストライキはストライキ、
出ない電車は出ないので、できるだけ楽しく過ごした方がいいですね。

カフェ後の電車がようやく出発して、無事仕事に行けました。

わたしが今から思って、あのときからこういうことに忍耐強くなったんだと思う経験は
エール・フラン*のストライキ。
まだ学生だったわたし。
1年半ちょっとぶりの帰国に胸を高鳴らせ、早朝のStutt空港へ行ったら、
乗るはずの飛行機がストライキで、窓口では”次の便が出ますから”の一点張り。
結局 本当に朝から晩まで空港で待たされ、結局その日は飛ばず、
次の日の他の航空会社の便に振り替えられました。

早く早く 日本に帰りたかったのに帰れなかった、あの日。
わたしはあの日あのとき 忍耐強くなったと思う。

って書いてましたけれど、このストライキに関して
これは 忍耐っていうより、”あきらめ”っぽいですね。
[PR]
週末は久々にアートを!

c0198438_55752.jpg


Wuerttembergischer Kunstvereinという美術館で昨日から行われている
画家 Michael Borremans展。
なぜピアノがあるかというと、Stuttgartオペラハウスとの組み合わせ企画みたいな感じで、
この展示場で Helmut Lachenmann作曲の"Got Lost"というモノドラマが演じられたのでした。
昨日はゲネプロに行かせていただいたのですが
今をときめく画家と作曲家の作品、とてもすばらしかったです。
そして、このモノドラマを演じ切ったソプラノ歌手の角田祐子さん、歌はもちろんのこと、繊細、かつ迫力の演技で圧倒されました。
ピアノもよかったです、というかいろいろな使われ方をされていて、興味深かったです。
あと、写真のようにまーっ白な壁1面につき1点か2点、多くて3点。
そんな部屋をいくつもいくつ使って展示されているのですがすてきな展示の仕方だと思いました。
いいものを見たり、聞いたりすると心がしゃきっとしますねー。


ところで、わたし、明日ラジオ出演です!
ジャパンFMネットワークさんワールドフラワーズネットワークというコーナーです。
シュトゥットガルトについて、お話させていただきます018.gif
日本時間で16時から。お聴きになれる地域の方は、ぜひよろしく。

やはり シュトゥットガルトのサッカー、岡崎選手のこと、日本の方は聞きたいだろうなと、
地元ドイツ人たちは どう思ってるんだろうか?と
ピアノの男子生徒たちや 友人たちにリサーチしてみたところ、
生徒たちは”いい選手が入ってうれしい!”と
友人たちは 
”あ、日本人の選手だろ? キザキ?カザキ? あー そうだ、オカザキだ!!!
足も速いしすばらしい!
今シーズン VFBシュトゥットガルトはビリから2番目なんだ~、
この状態から抜け出すのに必要なKampf Spirit闘魂047.gif
日本人のオカザキはVFBに教えてくれるにちがいないぜ!”
と、地元人のみなさんも期待の様子でした!

ところで ラジオでのインタビュー、電話を介してですが、
始まるのがドイツ時間朝8時。
声が低めのわたし、寝起きのオカマ声にならないように
早寝します072.gif
[PR]
先週末 わたしが教えている音楽学校の地区のJugend Musiziert地方予選が開かれました。
Obersulmという地方です。
Jugend Musiziertの採点方式などについては こちら。

わたしが 昨年10月から教えている生徒の中の一人が
”出てみたい”ということで、申し込み締め切りぎりぎりの11月に出場を決めて
11-12歳部門に出場しました。
彼女なりにがんばってきて、結果は 25点満点中20点 2位でした。
出るからには何か取ってほしいなと思っていたので よかったです。
何よりも彼女自身が喜んでいたのと、彼女のご両親が喜んでいたのがうれしかったですが。

彼女の出場した部門の課題曲は
演奏時間6分以上 プログラムは2つ以上の異なる時代の作品で構成する。
と、とても自由。
彼女がわたしの生徒になった10月に弾けた曲は1曲、1分弱の曲だけ。
何とか6分以上、難しすぎないで、背伸びし過ぎないで弾けるものをと考えて
プログラムは
Goedicke; Sonatine C dur
Bach; Menuett G dur
Beethoven; Sonatine F dur
Burgmueller; 天使の声

わたしの計算では 冬休み前に全部の曲が弾けるようになっていること。
でも、学校のお勉強が忙しかったりで全部弾けるようになったのは結局1月初めでした。
全部弾けるようにならなかったら出場を辞退すればいいのだけれど、
そうする人もたくさんいるけれど、
わたしとしては、”やります。”って決めた以上ちゃんと最後まで本気でやってほしいと、
そういうこともピアノを弾くってことから 学んでほしいと思っているので
がんばってくれてよかった038.gif
最後の方のレッスンで、
”あー、これ注意したいけど、なおるかな?難しいかな? 混乱しないかな?”
と言おうか言うまいか迷うこととかもあったけれど、
わたしが、腑に落ちない顔で ”OK”と言うことができないタイプなので
結局 全部言ってしまっていたけれど、
最後の頑張りってすごいもので、とてもできるようになってました049.gif
教える方もあきらめちゃだめですね。


ピアノ、ソロ部門がJugend Musiziertで開催されるのは3年に1回。
今回わたしたちは やむを得ず短期集中でやりましたが、
本当に県大会、全国大会上位入賞を目指す子たちはやはり1年以上かけて準備していると思います。
[PR]
by sachikoushi | 2011-02-14 06:43 | 音楽
長かった今週。
自分の演奏会も、生徒のJugent Musiziertも終わり、
ちょっとひと段落001.gif

c0198438_5562169.jpg


お買いものとか行きたいわぁ~

Jugent Musiziertの感想については、またゆっくり書きたいと思います。


ところで、そんなバタバタだった今週、
ドルトムントに住んでいらっしゃる日本の方からのメールでのご連絡、ご紹介で、
日本のFMラジオに出演することが決まりました011.gif

といっても ピアノでではなくって、おしゃべりです。
JFN(ジャパンFMネットワーク)さんの”ワールドフラワーズネットワーク”というコーナーで
世界各地に住んでいる日本人と電話でのインタビュー、レポートで、
そこの地域の旬の情報を日本の皆さんにお届けするというものなのですが、
Stuttgartに住んでいる日本人として、
わたくしが、レポートさせていただくことになりました060.gif

こちらがジャパンFMさんのページです。

サッカーの岡崎選手がStuttgartのチームに入られるとか、
そのようなことから この街にスポットがあたったのでしょうね。

ここに来たことがない方にもわかりやすいように、
おもしろそうだなと思えるようにお伝えできるように、
いろいろ調べておきまーす027.gif

長く住んでいると当たり前になっていた光景が、
こういうことをきっかけに、また新鮮に見えてきて、うれしいです。

放送日は多分 2月21日(月)の 日本時間で16時から 6~7分だそうです。

こういうことが聞きたいな、とか、
こちら在住の方は、これ言った方がいいよ、とかありましたら
ぜひ 教えてください040.gif

わたしは、”かわいい声”の発声練習、がんばります037.gif
[PR]