人気ブログランキング |

オペラ鑑賞

また 寒くなってしまったけれど、
日曜までは 暖かかった058.gif

暑くなるか、と思いきや、 またコートをひっぱり出さなければいけなかったり、、、
それが ここの気候ですね。

そんな日曜日は 友達とオペラ座へ オペラ鑑賞に060.gif

c0198438_6105041.jpg


って、 なんだかセレブな響きだわ004.gif

でも わたしそんなセレブなんかじゃないの(たまに?自分でいってますけれど)。

ここで暮らしていて、いいな、と思えることのひとつ、
オペラやコンサートが身近にあること。
たとえば ここStuttgartのオペラ座の場合、
いちばん安いチケットは €8(≒¥1、000)ぐらいかなー
映画に行く感覚で行けるでしょ。

今回見たのは 
ロッシーニ作曲の”セヴィリアの理髪師”
ドタバタ喜劇ぶりが おかしくて、 思わず ふきだしちゃうよ。





わたし、はっきりいってオペラ、そんなに詳しくなくて
その知識たるや、
”このアリアが入ってるのが このオペラ、かな?”
”この登場人物が出てくるのが たぶん?このオペラ?”
うろ覚え、ごちゃまぜ(似たようなの多いし。)

実際見ないと わからないと思う。
オペラ作品って 物語的には、べつにたいしたことない文学作品のことが多いし(ちがったらごめん)
あらすじを 斜め読みしても、あまり頭に入ってこないし、
読むだけじゃはっきりいって そんなにおもしろくない。
お家でTVやDVDで見るにも 2,3時間とか長いから、よっぽど好きなものじゃないと
見る気にならないだろうし。

でも 実際劇場で見ると
オーケストラの音、歌い手の動き、演出、衣装、、、、、
見どころ満載。

ドイツ語字幕も追いかけながらの鑑賞なので
といっても 100%はわからないし、字幕読むことにも飽きてくるから、
わからなかった部分は 動きと音楽で かってに解釈してます。。。

この ”セヴィリア・・・”をこの劇場で見るのは 2回。
この 同じ作品を何回も見られるっていうのも いいシステムだと思う。
(各劇場、シーズン中いくつかのレパートリーを交互に上演するので)
前 意味が分からなかったところ ”あ~ そういうこと言ってたの。”とか
出演者や指揮者が異なることもあって、それで 同じ作品でも前と違う印象受けることもあるし。
この日は お目当てのDivaが 風邪のため、ちがうRosinaで ちょっと残念。
 
でも おもしろかったわ001.gif
アルマヴィーヴァの世間知らずなお金持ちのお坊ちゃん、
Rosinaのやんちゃ娘、な感じが ほほえましく
Figaroにいたっては、こんな床屋、ほんとにいたら困る~、だろうな003.gif
by sachikoushi | 2009-04-29 07:29 | 音楽